葬儀の準備は喪主や宗教形式などを決めることから

葬儀の準備は、喪主と宗教形式と葬式の規模や費用や日程や式場などを決めることから始まります。喪主は、故人の配偶者になります。もし居なければ血縁の濃い順番になります。故人が生前に喪主を指定していた場合は、希望に沿うようにするのが良いでしょう。

宗教形式は、仏式と神式とキリスト教式などがありますが、わからない場合は郷里や本家筋に確認を取りましょう。無宗教の場合は、遺族や近親者で話し合って決める必要があります。葬式の規模や費用は、故人の意思を尊重して無理のない範囲で行いましょう。遺族の負担が大きすぎる場合、香典でまかなえる範囲というのも1つの基準になります。

また、生前に冠婚葬祭互助会に入ってお金を積み立ててとくと、費用の負担が軽減されます。日程は、死亡通知が届く時間と参列者の到着時間と僧侶や火葬場の都合を考える必要があります。また、葬儀の準備時間も計算に入れておくと良いでしょう。死亡後24時間経過しなければ火葬できませんので、この時間を計算に入れておく必要があります。

注意点として、友引の日には火葬場も休みになっていることが多く、風習の問題もありますので避けるのが常識です。式場は、自宅や寺院や葬祭会館や地域の公民館やホテルなどが候補になります。葬儀の準備は、葬式を専門にしている会社がありますのでそこに依頼しておくと、必要なことについては教えて貰えますのである程度の道筋をつけて行動できます。故人が日頃から信仰している宗教があれば、そこに依頼して僧侶の手配など打ち合わせをすると良いでしょう。

注意点として、神社へ依頼する場合は死者が出た家では忌み期間が終わるまで神社へは入れませんので、代理人を立てて依頼しましょう。打ち合わせの内容は、日取りや時間や僧侶の手配から戒名の依頼などです。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*