葬儀をする前の準備とは

冠婚葬祭の中でも、何度も遭遇することがないのが葬儀です。中でも、自分達が主体ですることは通常は、2回から3回ほどになります。そのために、慣れることはなく葬儀はいつも慌ただし気持ちの中で始まり終わるものです。しかし、最近は生前予約という制度が、どこの葬儀会社でもしており自分の元気な間に準備ができるようになっています。

まず、一番に準備することはどこの場所で行うかを決めることです。そして、どのような形式でしていくのか決めます。この場合、基本としては、予算を決めておくとやりやすくなります。予算を目安に、プランの中から選択をしてまた、アレンジをすることができます。

家族がする準備は、まず日程が決定すると親族や友人などに連絡をします。この時に、仏式などでするときには住職にも連絡をしておき場所を伝えることです。そして、忘れがちなのが遺影写真を用意することです。これは、慌てると見つけることが大変なので生前に用意しておくと納得したものが使用できます。

あとは、故人のためのお供え物を準備していきます。祭壇の飾り付けなどは、業者がするので何もする必要はありません。わからないことは、業者が指示をしてくれます。このように、葬儀は亡くなってから24時間以内に準備が始まるものです。

普段元気なときに、実際のときに慌てることなくできるように、生前予約をしておくと残された家族も助かります。また、生前予約には割引特典もあり、お得にできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*