葬儀に必要な準備とは

身内の死に直面してしまうとあわててしまうのはいたしかたありません。しかし粛々と事の準備をしなければなりません。病院でお亡くなりになったら、葬儀社に依頼してすぐ引き取りに来てもらいます。葬儀を行う前に準備が必要な事柄があるので親族で早急に決めます。

ご遺体の安置所をどこに決めて搬送してもらうのか?葬儀の宗教形式をどうするのか?会場をどうするのかです。宗教形式くは故人の遺志を尊重して決めることになります。菩提寺があればすぐ連絡し、火葬の予約をします。特に宗教をもたない場合は無宗教で行うこともあります。

?式場は家で行うほか、葬祭会館を利用することが多くなっています。公営の斎場や火葬場併設斎場は時期によって非常に込み合うことがあり、数日待たされることもあります。喪主は、一般的には配偶者が喪主になりますが、該当する人がいない場合は血縁の濃い順に選びます。次に日程を決めます。

死亡してから24時間立たないと火葬ができないことになっています。そのため死亡日に納棺して翌日の夜通夜、翌々日に告別式という流れが一般的になっています。一方葬儀社とも打ち合わせを行います。臨終の際から葬儀の準備、進行まですべてとりしきってもらえますが、予算ははっきり決めておく必要があります。

また費用だけでなく、どのようなお見送りをしたいのかということも考慮に入れてお別れの形を決めます。納棺、通夜、告別式と滞りなくすんだら火葬場でだびにふします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*