葬儀の準備はどうすればよいのか

準備としては初めに喪主を決める必要があります。喪主は故人の配偶者か子が喪主を務めるのが一般的である。次に決めることは宗教形式を決めることです。一般的には宗教形式は故人の意向に従うのが原則でなるべく早急に決定することが大切です。

なので故人の郷里や本家筋などに確認を取っておくことが大切です。宗派によるしきたりは複雑ですので、他宗派の戒名をつけてしますと埋葬するのが困難になる場合があるので注意が必要です。次の葬儀の準備としては費用と規模を決める必要があります。規模については生前の故人と相談して決めて意思を尊重しておくのが大切です。

費用の目安は、基本的にその時どきの生命保険の最低金額などと言われています。その次に準備するのは葬儀の日程を決めることです。一般的には、死亡日に納棺、翌日に通夜、翌日に葬儀、告別式という流れです。そして日程を決めたら式場を決める必要があります。

自宅で行うのが一般的ですが、マンションやアパートなどのスペースがとれない場合は近くの公民館や寺院や葬祭会館で行うことができます。日程が決まったら社寺・教会へ、弔いを依頼する必要があります。信仰している宗教の寺院や、神社、教会などが有れば連絡して、通夜、葬儀、告別式の予定を伝え、打ち合わせをすることが大切です。また遺族の心得としては通夜前は喪主や親族は地味な普段着を着ます。

そして、知り合いなどにも合うので身だしなみを整えることも大切です。通夜の時は正式喪服を着用する必要があります。葬儀の準備はいろいろありますがしっかりとやるべきことを考慮して故人が安心して供養できるようにすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*