葬儀の準備とはどのようなものか

大切な人が亡くなって悲しみに浸る間もなく、遺族は葬儀の準備にかからなくてはなりません。最近は葬儀社に依頼すれば、臨終後から後の諸行事まで担当者と打ち合わせしながら決めていくことができるので、わけがわからず途方にくれるということはないでしょうが、突然のことに慌てることがないよう、葬儀の準備はどのようなものなのか確認しておきましょう。準備をするにあたり、故人の希望を知っておく必要があります。基本的に喪主は配偶者をはじめとして、血のつながりの濃い順番でつとめます。

故人が生前、喪主にと指名した人があればその意向をくんであげましょう。ほかにも、宗教形式や葬儀の規模なども故人の希望があればそれに沿う形で準備を進めていきます。平素お世話になっている寺社や教会があれば、早めに連絡して弔いをお願いします。以前は盛大に送ってあげるのがよいとされていましたが、現在では遺族の負担にならないようにとの理由で家族葬のような小規模のものを望む方も少なくありません。

日程は一般的に死亡日に納棺をして翌日に通夜、その翌日に告別式という流れが多いですが、死亡通知書が届く時間や僧侶や火葬場の都合、遠方から参列する人のスケジュールなどを考慮して決めます。友引の日は避けるのが普通です。また場所については自宅で行うのが普通でしたが、マンションやアパートでスペースが確保できない場合は公共の会館や寺院で行うこともあります。現在では葬儀社のセレモニーホールを利用するケースも多く、一切を任せることができるので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*