冠婚葬祭における家族葬の費用とは

冠婚葬祭の中でも「葬」に当たるのが葬儀です。人が亡くなった際に故人を弔うために行われる儀式です。冠婚葬祭の中でもこの葬儀というのは非常にわかりにくいと言われています。と言うのはその機会に遭遇することがあまり少ないこと、そして悲しみにくれる中で行われるので、葬儀会社の言われるがままに執り行ってしまうことが多かったからなのです。

そんなわかりにくい冠婚葬祭の葬儀ですが、最近では費用を明確に提示する葬儀社も増えています。また、葬儀をあげる人の方もできるだけ費用を抑えたいとか、家族だけでひっそりと弔いたいなどの理由からこじんまりとした家族葬などにするケースも増えています。これまでは故人の勤務先の上司や部下、同僚、友人など血縁関係者だけでなく関係のあった人をたくさん呼んで弔うのが当たり前でしたが、そうではなく身内だけでひっそり弔うのが家族葬です。この方が故人をしのぶ時間がゆっくりとれますし、費用も格段に安く抑えられるのです。

生前から家族葬にしてくれとお願いをする人も増えているといいます。通常の葬儀であれば100万円はくだらないところ、家族葬であれば地域によって開きがありますが10万円から30万円程度と非常に安い値段で葬儀をあげられるのです。それでは故人がかわいそう、盛大に弔いたいというなら別ですが、故人を思ってしんみりしたい、煩わしいのは面倒、リーズナブルに抑えたいという人に家族葬は人気です。ブラックフォーマルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*