冠婚葬祭身内だけで家族葬!しかし費用はかわりません

残された家族のことを思い、冠婚葬祭の余分な費用と精神的負担はできるだけ少なくさせたい誰しも考えます。冠婚葬祭の儀式ついても最近はまずできるだけ規模を小さく、その分心温まるものとになるようにと考える人が多くなっているようです。その冠婚葬祭のうちの葬儀において、以前からの風習に従った一般葬ばかりではなく、故人やその家族の意向に沿って様々な形式の葬儀がとりおこなわれています。その中で多いのが家族葬という形式の葬儀です。

家族葬は基本的に家族などの親近者のみでおこなう葬式で親近者以外の儀礼的弔問参列を拒否する葬儀で、いわゆる密葬と同義の葬式のありかたです。家族葬を望む人の多くは家族への余分な費用負担や精神的負担の軽減を期待してこの葬儀をされるようです。しかし実際は一般的にある家族葬のイメージとは異なり、葬儀にかかる費用は劇的に安くあげられるというわけにはいきません。これはいくら規模を小さくこじんまりと行ったとしても実は祭壇、棺など最低限葬儀にかかる必要な費用は一般葬と比べてさほど変わらないものが多いからです。

それでも家族葬のメリットは参列人数が一般葬に比べ少なく、日程の調整もしやすいことから通夜振舞い、返礼品等の金額が低額になることがあげられ全体の費用低減効果は期待できます。逆にデメリットしては弔問客への不義理が発生することが多く、結局あとでバラバラに弔問客を受け入れなければならないケースもでてきて残された家族の負担となってしまうこともあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*