冠婚葬祭において注目される家族葬費用における注意点

近年冠婚葬祭に関する事柄の中で葬儀の方法の多様化が注目されています。特に多くの方が関心を示し実施するようになってきた葬儀の方法が家族葬です。これは冠婚葬祭は大げさに執り行うことなく出来れば気心のしれた親しい仲間内だけで行いたいという現代の風潮も反映されています。家族や親族など故人と親しかった身内だけが集まって行われる葬儀が家族葬なのです。

遺族が話し合って決める場合もありますし、故人が生前に限られた人数での見送りを希望しているケースもあります。家族葬は基本的に身内以外の方々の弔問をお断りするため、葬儀に参列する人数は少なくなります。式の進行自体は一般の葬儀とそれ程の違いはありませんが、参列者は少なく家族も弔問客への対応に時間を取られることがないので、故人とのお別れをユックリと行うことが出来ます。また参列者が少人数なため会場の規模も小さくてすみ、準備するお料理や返礼品などの費用も少なくてすみます。

そのため葬儀全体に掛かる出費は一般の葬儀と比べて低く抑えることが可能になりますが、当然香典に関しては受け取れる額は少なくなりますのでその点は注意が必要です。冠婚葬祭においては何事も事前の準備をシッカリしておくことが、当日に落ち着いて式を進行させることが可能になるコツです。家族葬の費用に関してはお世話になる業者と相談して葬儀の詳細を決定する前に大凡の見積もりを出してもらうようにしましょう。その際の葬儀費用はお葬式の基本進行に関わる費用の他におもてなし費用や施設使用料、宗教家へのお礼など全ての出費を総計した形で計算するようにしておくと後々便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*