葬儀での香典返しについて

葬儀で香典をいただいた人にはお返しとして香典返しを準備する必要がありますが、商品や渡し方などは地域によってもさまざまです。一般的には、葬儀の際にいただいた香典の金額の半分にあたる額の商品を香典返しとして贈りますが、四十九日法要が終わってその報告を兼ねて渡されています。直接自宅を訪問するのがかつての風習でありましたが、近年では宅配便の普及により商品を送ってしまうというケースも多くみられます。一般的には、葬儀の際に渡されるのは会葬御礼と呼ばれるちょっとしたものであり、予算的にも300円から1000円程度のハンカチなどが利用されていますが、地域によってはここで香典返しが渡されることがあります。

当日になるのでどの人にも同じ品物が渡されますが、たくさん包んでいただいた人には後日差額分として商品が贈られることが多いものです。香典返しに利用されている商品は、不幸ごとでもあるので後に残らないものが利用されています。どの家庭でも使用するような生活用品や日用品が多く、洗剤や海苔、お菓子類などが主流です。また、日本茶やコーヒーなども利用されており、故人をしのんでお茶を飲んでもらうという意味を持っています。

香典返しはだいたい同じようなものが利用されているのでかぶってしまうことも多いものですが、そんなときにも喜ばれるのがカタログギフトです。必要なものを選んでもらうことができ、食べ物も掲載されているので何も欲しいものがないというトラブルもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*